ブログ|福岡市中央区で歯医者をお探しの方はべっぷゆうこ歯科クリニックまで

  • 福岡市中央区・べっぷゆうこ歯科クリニック・電話
  • 福岡市中央区・べっぷゆうこ歯科クリニック・メニュー

2022年5月21日

こんにちは。別府優子です。

 

【歯ぎしり】編の最終話!

「では、どうしたらいいの?」

 

本音の発言を許して頂けるのでしたら・・・・・・

 

 

「成人は全員、マウスピースをした方がいい!」

 

 

当クリニックのマウスピースは、上顎に装着するハードタイプ。

技工士が、咬合器上で、正常な咬合様式を付与したものです。

 

ほとんどの方は、多かれ少なかれ歯ぎしりしています。

全ての歯の安全を願うからこそ【全員マウスピース着用】が、本心です。

 

でも、年齢の割に歯が削れていなかったり、知覚過敏が全然ない方に、強くお勧めはしません。

また、不眠症気味の方も、無理には言えないですね。

 

もちろん、お勧めしても断られることもあります。

(不思議なことに、断る方に性差があります。どちらだと思いますか?)

作っても使っていただけないのでしたら、もったいない!

ただ、今後、起こりうるリスクなどをお話しして、ご理解いただきます。

 

 

保険治療で作製できますので、お気軽にご相談くださいね。

2022年5月20日

こんにちは。別府優子です。

 

では、前回に引き続き、今回は【歯ぎしりの種類】について。

 

歯ぎしりの種類は、3種類あります。

 

①クレンチング

これは、咬んだ状態をキープしたまま加重をかけていく、いわゆる【食いしばり】です。

歯が真っ二つに割れる可能性が一番高いです。

(因みに、私もこのタイプです。)

 

②グラインディング

これが、一般的な音が鳴るタイプの【歯ぎしり】です。

このタイプの方は、歯が水平的に削れていき、歯の形態悪化、知覚過敏、顎関節症を誘発しやすいです。

グラインディングタイプの人が、一番人数が多いように思います。

 

③タッピング

タッピングタイプは、上下の歯をカチカチと音が鳴るように、叩き合わせているような感じ。

やっている人は少ないように思います。

また、寝ている間、というより、意識のある時に悪習癖としてやっている方が多いでしょう。

 

さて、みなさんはどのタイプでしょうか?

そう聞かれても、就寝時のことですし、「俺はやっていない!」という声も、聞こえてきます。

 

では、次回は、「じゃあ、どうしたらいいの?」という解決編にいきましょう!

2022年5月19日

こんにちは。別府優子です。

 

先日【歯ぎしり】のお話をしましたね。

 

「自分はやっていないし、あまり縁のない話だな。」

と、思ったそこのあなた!!

 

実は、現代人の8割ほどの人は、何らかの形で【歯ぎしり】を行っています。

(例外に漏れず、私もやっています。)

 

「でも、例え歯ぎしりしていたとしても、それが何か?」

という声も聞こえてきますので、【歯ぎしり】について、深堀りしていきたいと思います。

 

 

 

まず、【歯ぎしり】のメカニズムですが、

眠りが浅い時間に、無意識に頬の筋肉(咬筋)に力が入ることで起こる一種の「ストレス発散」行為と考えられています。

 

 

 

そして、歯ぎしりによる悪影響ですが、

①歯が削れてくる(ひどい場合、神経が出てくる)

②歯の根元(歯頚部)が削れてくる

③歯にひびが入るなどして、歯がしみてくる(知覚過敏)

④顎関節症が発生する(ひどい場合は耳鳴りも)

⑤首回りや肩こりが出る

⑥歯周病が進行する

⑦歯が破折する(ひどい場合は真っ二つ!)

⑧歯を支えている周囲の骨が添加によりボコボコしてくる(骨隆起)

⑨かぶせモノや詰め物が外れる

⑩歯並びが悪くなる

等々です。

 

【歯ぎしり】のことを、専門用語で【咬合性外傷】と言います。

咬合による外傷ということ。

なかなかの危険人物です。笑

 

次回は、【歯ぎしり】の種類について、お話ししますね。

2022年5月17日

こんにちは。別府優子です。

 

今週のお花を更新しました。

 

 

【ヒマワリ】と【ベニバナ】

元気カラーです!

 

 

【カーネーション】も黄色がキレイ!

 

 

花台のお花は、ピンクの【バラ】を中心に背が高いものを組み合わせてみました。

 

 

見るアングルによって、表情が変わりますね~♬

2022年5月16日

こんにちは。別府優子です。

 

受付の小さな飾り棚をご存知ですか?

季節のオブジェや小さなインテリアを飾っています。

 

 

お正月には【七転八倒】のだるまを飾っていました。

 

 

今日は、スタッフが実家の庭に咲いているバラを一輪、持ってきてくれました。

 

 

素敵ですよね。

お庭にバラが咲いてるなんて、贅沢な空間です。

 

バラを挿した一輪挿し。

【能作】という鋳物のブランドのモノです。

 

以前、紹介しましたクリスマスローズの足元にも、【能作】の錫製のかごを置いていました。

 

金属ですが、温かみがあって、どんな部屋にもマッチします。

お勧めですよ。(博多阪急と三越にお店があります)

【能作】公式サイト→https://www.shopnousaku.com/

2022年5月14日

こんにちは。別府優子です。

 

前回は、セラミックのメリットを、銀歯と比較してお話ししました。

今日は、セラミックのデメリットについて。

 

セラミックは前述しましたように、「陶材」で出来ています。

ということは、『割れる可能性がある』ということ。

 

患者さんによっては、

「氷をガリガリ咬むのが好き」

「ピスタチオやくるみの外殻を歯で割ります」

「梅干しの種の中身を取り出さないと気が済まない」

などなど。

歯医者さん泣かせの個性派も、少なくありません。涙

 

また、一番の問題は「歯ぎしり」

以前もご紹介しました、歯が削れてしまうほどの歯ぎしりをなさる方には、セラミックはあまりお勧めできません。

 

 

セラミックをなさるご相談を受けた際は、そのような話もした上で、決定していただきます。

ご希望の方がいらっしゃいましたら、ぜひ、ご相談くださいね。

 

 

2022年5月13日

こんにちは。別府優子です。

 

前回は、セラミック治療をして、とても喜んで頂けた患者さんのお話をしました。

セラミック治療は、

「見た目が美しいから」

という理由だけで、選ばれているわけではありません。

 

セラミックは「再度、虫歯になるリスクが低くなる」という点で、とてもおすすめです。

主な理由は二つ。

①素材の物性 ②接着方法です。

 

①さて、セラミックは、日本語で「陶材」お茶碗などの陶器と同じ素材になります。

口の中の汚れ(プラーク)は、銀歯より陶材の方が付きにくいです。

 

そして、銀歯は「銀」で出来ているわけではなく、色々な金属の合金になります。

そのため、金属アレルギーが出てしまう可能性を秘めています。

また、銀歯の硬さは歯牙よりも固く、使っているうちに削れ方に差が出て、隙間が出来る可能性があります。

 

②さらに、接着方法にも差があります。

銀歯を付けるセメントは「化学重合」型で、時間をかけて固まるタイプ。

これは、水分100%(唾液がある)の口の中では、だんだん劣化していきやすいです。

セメントが溶け出すと隙間ができ、そこから2次う蝕が出来てしまいます。

これが、「銀歯が外れると虫歯になっている」仕組みです。

 

それに対してセラミックは、「光重合」型のセメントを使用しており、特殊な光を当てることで、歯牙・セメント・セラミックを一体化してくれます。

ですので、外れる可能性が、ほぼありません。

 

少し、専門的で、難しい説明になったかもしれません。

つまるところ、「美しさ」と「もう一度虫歯になりにくさ」でセラミックをお勧めしている、というわけです。

 

 

次回は、そんなセラミックのデメリットをご紹介します!

 

 

2022年5月12日

こんにちは。別府優子です。

 

「キャラメル食べてたら、銀歯が外れました」

そういってお見えになる患者さん、結構いらっしゃいます。

ハイチュウもグミも、お餅もガムも、銀歯を外しやすいです。

 

そうなんです!!

銀歯は外れるんです!!

そして、銀歯の外れた歯は、大体虫歯になっています。

 

写真は、当クリニックで「銀歯が外れたので治療をして欲しい」とお見えになった方です。

 

予想通り、外れた銀歯の下はムシバです。

 

(銀歯はセラミックに比べると、虫歯の再発率が高いことは、また後日お話ししますね。)

 

患者さんは、銀歯であることにかなりコンプレックスを感じられており、セラミック治療を選択されました。

 

 

 

キレイになりましたね。

患者さんは大満足です。

ニコニコの笑顔で帰って行かれました。

私たちも、とても嬉しい瞬間です。

 

 

セラミック治療の優れたところは、見た目だけではありません!

次回、セラミック治療のメリット、デメリットをお話しします。

 

2022年5月10日

こんにちは。別府優子です。

 

今日は、当クリニックに親子で通院して下さっているHさんのインプラントのオペでした。

このお母さまとお嬢さまは、共に「歯科治療が怖い・・・」方でして、「優しくお願いします。」と、いつもおっしゃっています。

 

「歯医者さんが苦手」と言われる方は、多いと思います。

逆に「歯医者さん、大好き!」という方の方が珍しいくらい。

でも、皆さん、ご自身の健康のために、頑張って通院していらっしゃるんです。

患者さんによっては、年単位で治療に通われる方もいます。

「頑張っていますね!治療するのは私たちですが、患者さんの努力あってこその治療ですから。」

と、お声掛けした時、涙されたこともあります。

ご自身のためとはいえ、ちゃんと通って下さることに感謝です。

 

 

さて、Hさんのインプラントのオペですが、

事前にCTから、インプラントの径や長さ・形状などをプランニングして、準備をします。

一緒に、骨の残量や、上顎洞までの距離などもチェック!

 

 

プランニング通りの位置に埋入できました。

(骨が元々少なかったので、予防的に人工骨を填入しています。)

 

 

オペ後、「昨晩、ドキドキして眠れなかったのよ~」と患者さん。

頑張りましたね! お疲れさまでした。

2022年5月9日

こんにちは。別府優子です。

 

GW終わりましたね。

皆様、どのように過ごされましたか?

休暇の長い方は、本日(5月9日)がGW明けの初出勤の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

私は、特に旅行などに行くわけでもなく、プレゼンをつくったり、たまった家事をこなしたりと、何となく過ごしてしまいました。

それでも、1日だけは、患者さんに誘われて【タケノコ堀り】に行ってきました。

 

 

山をお持ちの患者さんが

「タケノコを掘らないと、竹藪になってしまうから、ぜひ!」と誘って下さいました。

実は、去年も、一昨年も誘って下さっていたのですが、日程が合わず、今回初めての決行でした。

 

「大勢でいらして下さい」とのことでしたので、お友達を誘っていきました。

 

初めてのタケノコ掘りで分かったことは、【思った以上に食べるところが少ない】ということ。

もう、ほとんど外側の皮で、食べることろほんの少しです。

こんなに苦労して、私たちの台所に届いているんだな…と。

いい経験になりました。

 

 

何より、インドアな生活をしている私は、久しぶりの山の散策(?)が思った以上に、気持ちがよかったです。

「登山に行ってみるかな~」なんて、思った1日でした。

 

 

1 2 3 4 5 6 28
 
福岡市中央区・べっぷゆうこ歯科クリニック・WEB予約はこちら