ブログ|福岡市中央区で歯医者をお探しの方はべっぷゆうこ歯科クリニックまで

  • 福岡市中央区・べっぷゆうこ歯科クリニック・電話
  • 福岡市中央区・べっぷゆうこ歯科クリニック・メニュー

2021年7月12日

2021年7月12日

こんにちは。別府優子です。

 

週末は、WDC西日本支部会がZOOMにて行われました。

私は『全顎症例』を提示する係で、発表の出番があった為、ちょっと緊張しました。

 

 

ZOOMでのWEBセミナーも、始まってもう1年以上は経ちます。

会場に足を運ばない分、少し楽ですが、PCの前にずっと座っているのも、なかなか大変です。。

(時々立ち上がって、ストレッチしなきゃ!)

 

ワクチンの接種も、どんどん進んでいっているようなので、早く対面で勉強会の仲間と会えるといいな・・・。

もう少しの辛抱でしょうか・・・?

腐らずに。前向きに。。。

 

2021年7月5日

こんにちは。別府優子です。

 

新しい花器を使ってみました!

 

 

この竹細工の花器は、花展などではよく見かけるのですが、いざ使ってみると、とても難しい・・・。

初めてなので、あまり上手じゃないかも・・・  大目に見てください!

 

 

大きなつぼみのユリたち!

咲くのが楽しみです~♬

2021年6月29日

こんにちは。別府優子です。

梅雨入りしたのに、まとまった雨は降りませんね。

湿度が高く、蒸し暑い空気に、もう夏の気配を感じます。

もう・・・来ますね・・・。

 

さて、今週のお花です。

 

 

夏の花の代表選手・ヒマワリがきれいです!

花台のヒマワリはイガナスと組み合わせています。

 

 

「鷹の羽薄(たかのはすすき)が庭に茂っているから、どうぞ」と頂いたので、入り口に大きく飾っています。

大きな葉っぱ、大好きです!

2021年6月28日

こんにちは。別府優子です。

 

今月の院内勉強会は『実習!!みんなでプロビジョナルレストレーション(仮歯)を作ろう!』です。

 

1か月前に、スタッフ全員分の模型を作って、1本の歯を完璧に作るように宿題を出していました。

 

(これは私の分。技工士から「先生の分です」と私にも宿題が・・・)

 

 

さあ、みんなで各々の宿題をぐるぐる回してチェック!

プロビジョナルは苦手意識のあるスタッフもいて、1か月、何度も作り直していたのを知っています。

 

 

この後、技工士が

「溝の位置が少し違う」「頬側が張り出しすぎ」「もう少し研磨して」など、的確にアドバイス。

 

その助言をもとに、もう一度やり直して、再提出。

 

みんな、グンと良くなりました!

 

当院では、開院当初から、ずっと「プロビジョナルは美しく作ること」を徹底してやってきています。

そのせい?おかげ?でしょうか?

スタッフの宿題は、私が予想するよりもかなりクオリティの高いものが出来上がっていました。

とても良くできていました!!

みんなの技量を図りたい思いもあったのですが、老婆心だったようです。

 

「この1本、本当に真剣に取り組みました!」という声も聞こえてきて、

どんな事にも前向きに取り組んでくれているスタッフを誇らしく思います!

技術も、日1日と向上していますよ~♬

2021年6月22日

こんにちは。別府優子です。

 

 

ココナツの花器も、ずいぶんウチになじんでくれまたね~♬

2021年6月21日

こんにちは。別府優子です。

 

突然ですが、最近泣いたのはいつですか?

 

「え?おぼえていないなぁ・・・」

「5年前に祖母が亡くなった時かな」

「『映画・鬼滅の刃』を涙なくしてみられますか??」

「仕事を初めて、涙を捨てました(強者!)」

と、いろいろな声が聞こえてきます。

 

『泣く』ということはネガティブなイメージがありますが、実はストレス発散・心のデトックスに有効であるとの研究結果があります。

”〇活”という言葉が流行して(就活に始まり、婚活・終活・朝活・菌活などなど)久しいですが、わざわざ涙を流す活動があります。

『涙活』です。

 

涙を出す涙腺は、副交感神経支配になっており、涙を流すことによって副交感神経優位になり、リラックスできるとのこと。

子供が「わーーーーーん!」と泣いた後、すぐ寝てしまうのも納得です。

ただし、これは情動の涙(喜怒哀楽を伴う)でないと効果がないとのこと。(悔し泣きよりは嬉し泣きがベター)

例えば、玉ねぎをひたすらみじん切りしたり、しみる目薬を点眼したりでは、この効果は期待できません。

 

 

涙活に適しているのは、感動する映画・小説・漫画などが、おすすめされています。

ただ、忙しい毎日を過ごしている私たちは、なかなか映画1本、じっと見られる時間も作るのが難しい。

そこで、私がおすすめしたいものがあります!

「BGT(Britain’s Got Talent)」という番組の名シーンがYouTubeに沢山あがっています。

この番組は有名なので、ご存知の方も多いと思いますが、世界中から”我に才能あり!”と思う人がオーディションを受け、

優勝者は英国王室の前で一芸を披露する権利が与えられる、という、夢をつかむための番組です。

 

歌であったり、ダンスだったり、やることに決まりはないのですが、そのステージは、一人ひとりの人生が集約されていて、色々なことを考えさせられます。

番組自体は英語ですが、言葉の垣根を超えた感動があります!

涙活をする予定がない人にも、おすすめしたい逸品です!!

ぜひ、一度見てみてくださいね~♬

(私は周囲が引くほど泣いています(苦笑))

2021年6月12日

こんにちは。別府優子です。

 

最近、1年通院されてやっと治療が終わった、40代男性のつぶやきが、とても胸に刺さりました。

 

その患者さんは、高級な飲食店のシェフとして勤められていました。

今まで、お忙しかったからでしょうか。

痛くなったら歯医者さんに行って、痛くなくなったら勝手にやめて・・・というのを繰り返されていました。

おかげで、あちこち歯が悪くなっていました。

 

ただ、コロナ禍で仕事が激減したため、時間ができたからか、今回はしっかり通院されました。

治療も終盤に入ったころに、

「はあ。もっと早く歯医者さんに行っておけばよかった。」

そうつぶやかれました。

 

 

頑張って、治療をしていく中で、「ちゃんと行っておくべきだった」と後悔の念が湧いてきたんですね。

今まで、自分の口に関心を向けなかった患者さんが、そんな風に思って通院しているのだと気づいて、

この方の治療をしっかりやってきてよかったな・・・と胸がいっぱいになりました。

 

 

クリニックで治療をするのは、私たち医療スタッフですが、そこには患者さんの多大な協力が必要です。

人によっては2~3年、治療期間が必要な方もいらっしゃいます。

一緒に同じゴールに向かって頑張った先に、健康な人生が待っています!

共に頑張りましょう!

2021年6月11日

こんにちは。別府優子です。

 

 

庭に生えていた大きめのマーガレットです。

土に生えていただけあって、とても元気よく、葉っぱがとげとげして痛いです。

2021年6月9日

こんにちは。別府優子です。

 

5月末に恒例の院内勉強会を行いました。

 

 

今回のテーマは 『力のリスクと定期検診時における歯科衛生士の役割』

 

当院では、”咬合力(咬む力)のリスク回避・コントロール” を診療の中で重点的に見ています。

『咬む力』と一言に言っても、人によってかなり違っています。

(性差・骨格の差・遺伝子的要因・環境的要因・嗜好品・国民性などなど、多くのモノに由来します)

 

咬合力の強い人は、特に要注意!

 

これは、咬合力が過剰だったため、銀歯が外れてきたその下は、パックリ真横に割れています。

患者さんは、痛くてたまらず、当院を受診されました。

 

 

また、この患者さんは、咬合力が強すぎて、自分の歯がどんどん削れていったケースです。

(乳歯のように見えますが、永久歯です。予測ですが5~6mmは削れているでしょう)

全体が削れているので、「前歯を長くしてください」といった希望の場合は、全ての歯を治療して丈を上げなければ、前歯の長さは確保できないため、大変な治療になります。

 

このようなケースは、咬合力がうまくコントロールできずに起こったケースです。

つまり、未然に防ぐことこそが、私たちの仕事です。

将来的に、起こるであろうことを、説明し、少しでも良い状態を長く続けていただけるよう、スタッフ共々指導させていただいています。

 

 

そういった私の思いを、みんなで共有し、理解を深めようとしてくれた今回のテーマは、メインテナンスに力を入れている当クリニックにはピッタリのテーマでした!

 

1 2 3 4 5 6 19
 
福岡市中央区・べっぷゆうこ歯科クリニック・WEB予約はこちら