ブログ|福岡市中央区で歯医者をお探しの方はべっぷゆうこ歯科・矯正クリニック まで

  • 福岡市中央区・べっぷゆうこ歯科・矯正クリニック
・電話
  • 福岡市中央区・べっぷゆうこ歯科・矯正クリニック
・メニュー

歯ブラシの保管方法

2018年7月28日

こんにちは。別府優子です。

以前、ブログで紹介させていただいた『CURAPROX』ですが、なかなかの好評を頂いております。

毛先が広がりにくい、とのことで2~3か月は使用できる とメーカーから説明がありましたが、一つだけ心配事が。

歯ブラシを使用した後に残る、口腔内細菌のことです!

口の中は菌がたくさん!!一度使用した歯ブラシには、どんなにゴシゴシ洗っても、菌は残ります。

口の中も、使用した歯ブラシも、無菌はありえないけれど、せっかく歯磨きをするのでしたら、出来るだけキレイな環境をキープしたいものです。

 

そこで、今日はオススメの歯ブラシの保管方法についてお話します。

 

まず、歯磨きが終わった後、流水で流します。(ここまでは、いつも通りですね)

それから、うがい用のコップに水を入れます。 その中に使用後の歯ブラシを入れて、ため水でしっかり洗います。

よーく洗ったら、もう一度水道水で洗ってください。

その後、ティッシュペーパーなどで、しっかり水気をふき取り、風通しの良いところで乾燥させてください。

菌は水分が大好き!水気のあるところで、どんどん繁殖しますので、くれぐれもキャップやケースをに入れて保管するのはやめて下さいね。

天日干し!ここまでやれば、満点です!!

 

なお、一日何度も同じ歯ブラシで歯磨きをする場合、きれいに乾燥する前に、使用する機会がやってくることもあると思います。

そういった方には、複数本(朝用、昼用、夜用など)を並行して使うこともおすすめです。

 

とはいえ、神経質になりすぎるのも、私としてはあまりお勧めではないです。

クラプロックスを使用される方は、特に保管方法をお気を付けくださいね。

 

 
福岡市中央区・べっぷゆうこ歯科・矯正クリニック
・WEB予約はこちら