ブログ|福岡市中央区で歯医者をお探しの方はべっぷゆうこ歯科クリニックまで

  • 福岡市中央区・べっぷゆうこ歯科クリニック・電話
  • 福岡市中央区・べっぷゆうこ歯科クリニック・メニュー

正義の女神

2021年4月16日

こんにちは。別府優子です。

毎月、歯学雑誌を数冊、定期購入しているのですが、その中で『クインテッセンス』という雑誌があります。

この雑誌の2021年1月号の表紙が衝撃的でしたので、ご紹介します。

 

 

みなさま、この女神像、何だかご存知ですか?

実は、私も知りませんでした。。。

『正義の女神 テミス』だそうです。

 

一般的なお姿はこちら。

『Lady Justice』ともいわれ、天秤は正義、剣は力、目隠しは万人に等しくあるよう、と、『法の下の平等』を体現化しているとのこと。

もともと天秤には何も載っていません。

 

クインテッセンス誌の女神は、歯ブラシとスケーラー(歯石をとる道具)を携え、天秤には、天然歯とインプラントが載っています。

そして、「さあ、正義を始めよう!」と。

 

 

 

私は「出来きる限り天然歯を残していきたい」

これが、私の正義かもしれません。

 

近年、インプラントの予知性がかなり確立されてきているので、安易に抜歯してインプラントをする風潮があるように感じます。

(それで天秤の上に両者が乗っているかもしれません)

全ての歯を救えるわけではありませんが、可能であれば、トライしてみよう!と患者さんにも話しています。

保存が疑問視される歯牙を残していくことは、正直、大変です。

時間もかかるし、手を変え品を変え、あれこれ考えながら、患者さんと一緒に協力して残していく。

大変だけど、やっぱりご自分の歯を残したい!!

そう思うのです。

 

この女神像を見て、そんなことを改めて考えさせられました。

表紙だけでなく、内容もエキサイティングでしたが、そちらはまたいつか~

 
福岡市中央区・べっぷゆうこ歯科クリニック・WEB予約はこちら