ブログ|福岡市中央区で歯医者をお探しの方はべっぷゆうこ歯科・矯正クリニック まで

  • 福岡市中央区・べっぷゆうこ歯科・矯正クリニック
・電話
  • 福岡市中央区・べっぷゆうこ歯科・矯正クリニック
・メニュー

2022年10月4日

こんにちは。別府優子です。

 

今年も10月がやってきましたね。

恒例行事ですが、院内をハロウィンにしています。

大人もちょっと、ウキウキしますね~(^^~♬

2022年10月3日

こんにちは。別府優子です。

 

今週のお花を更新しました。

 

【菊】とピンクの【カーネーション】

 

【モンステラ】は長持ちですね。。。

2~3か月は平気でグリーンのままです。

 

花台のお花は、黄色の【ピンポンマム】とくすんだベージュピンクの大きな【ケイトウ】

そして、カラーリングした【エノコログサ】をツルと合わせました。

 

【エノコログサ】は通称名「猫じゃらし」の雑草です。

でも、狐のしっぽみたいに色付けされて、草とは思えない可愛さ!

 

スタッフも「その辺で摘んで、家で色付けしてみようかな?」と言っていました。笑

2022年9月30日

こんにちは。別府優子です。

 

お友達の由美先生が本を出版されました!

 

鹿児島中央駅の真ん前で開業されている由美先生の病院に、当クリニックのスタッフと一緒に見学に行ったことがありますが、

女性の技工士さんが二人いらっしゃって、技工作業の他に、カウンセリング・コンサルテーションをなさっていたことが印象的でした。

 

私が院内技工士を雇用しよう!と思ったのも、由美先生の勧めがあったからです。

今となっては、あの時の由美先生の言葉を信じて、技工士を雇って本当に良かったと思っています。

 

実は、歯科業界では歯科技工士の人数が劇的に減ってきているのが現状です。

離職率90%以上、との噂も。

「きつくて給料安い」「勤務時間が無限」「帰宅は深夜」などの理由とのこと。

どの業界にも言えることですが、もうそんな勤務形態では、働き手は減るばかりでしょう。

そんな状況に、一矢報いるように、「クリニックでも技工士さんは活躍できますよ!」といった内容になっているとのこと。

(まだ手元に届いておらず、読んでいないのですが)

そんな歯科業界へのエールのような1冊。

しっかり読んで、何か一つでも活かせていけたら!と思っています。

2022年9月29日

こんにちは。別府優子です。

 

当クリニックでは、定期検診を3~4カ月おきに行っています。

ですので、治療が終わった患者さんや、定期検診で治療の必要がなかった患者さんとは、

「次回は3か月後にお会いしましょう」

となります。

 

ところが先日、メインテナンスはまだ先なのに、突然会いに来てくれた患者さんがいました!

 

学校がお休みの土曜日に、朝から「チョキチョキ・ペタペタ」と懸命に製作を始めて、素敵なお花を作ったキッズ君が

「優子先生にこれ、あげに行く!」

と、突然言い出したとのことで、お母さまが一緒に連れてきてくださいました!

なんてかわいいんでしょう!

「先生にプレゼント~♬」といって、ラッピングされた箱の中に、沢山プレゼントが入っていました。

一生懸命書いてくれた絵も、とっても上手です。

こんな風に、おうちでもふとクリニックの事を思い出して、会いに来てくれるなんて、本当にうれしい限りです!

冬休みの検診で、待ってま~す!

2022年9月27日

こんにちは。別府優子です。

 

最近はよく台風が発生して、天気がコロコロ変わりますね。

季節の変わり目といった感じでしょうか。

 

通勤時の空も「哀愁を帯びた秋空」になってきました。

今時期の朝散歩は、本当に気持ちがいいです。

2022年9月26日

こんにちは。別府優子です。

 

歯科界にいらっしゃる方ならほとんどの方が知っている【筒井塾】

北九州市の折尾にあります「筒井歯科」の先生方が行っているセミナーです。

ずっと受講したい!と思い続けていましたが、タイミングが合わず、断念していました。

そしてついに、筒井塾もオンラインセミナーが開催されると聞いて、すぐに申し込みをしました!

5か月コースです。

第一回目は、早速9月に開催されました。

 

 

日曜の朝10時から17時までと、長時間の講義ですが、内容が濃く、あっという間に感じました。

 

筒井歯科は、元々ご夫婦で開業され(ご夫婦共に高名な先生です)ご主人がお亡くなりになった後、

ご子息が病院を継承されています。

照子先生は、WDCでも特別講演して下さったこともあり、私の尊敬する女性歯科医師のおひとりです。

 

そんな長時間の講義の中で、一番心に残った言葉があります。

「生きていくことは、壊れていくこと」

歯も骨も、擦り減ったり、割れたり、失ったり、年と共に消耗していくもの。

それを、こう表現されていました。

 

平均寿命が長くなった今、体が壊れていくスピードを少しでも緩慢にして、

命が尽きる日まで、自分の体とうまく付き合っていくためには・・・

という、大前提のもとに講義をされています。

 

「生きていくことは、壊れていくこと」

いろいろなことを考えさせられます。

2022年9月24日

こんにちは。別府優子です。

 

今週のお花を更新しました。

 

花台に大き目の花を活けました。

赤い【麦の穂】が背の高さを活かせていますね。

赤系で統一した感じが、秋らしいです。

 

 

入り口には【姫芭蕉(ヒメバショウ)】という大きな植物を活けています。

キレイな花が特徴的で【美人蕉(ビジンショウ)】とも言うそうです。

ネーミングが素敵ですね。

2022年9月22日

こんにちは。別府優子です。

 

先日、お菓子作りに代用糖を使用しているお話をしました。

そうすると、ブログを読んでくださっている患者さんから

「どんなお菓子を作っているんですか~?」

と、何度か尋ねられました。

 

私は、SNSなどをプライベートで使用していないため、あまり作ったお菓子の写真を撮ってはいないのですが、

いくつかは残っていましたので、ご紹介します。

マフィンやドーナツは、休日の朝食や昼食に作ったりします。

 

ホールケーキも時々焼きます。

最近、スタッフの誕生日にはケーキを手作りしてお祝いしています!

 

去年の冬は【シュトーレン】に初挑戦!

私は、シュトーレンが大好きで、毎年、色々なお店の物を食べてきました。

そして、とうとう「作ってみよう!」と思い立ったわけです。

初めてでしたが、なかなか好評でしたよ。

 

こんな感じで、お菓子作りを楽しんでいます~♬

2022年9月20日

こんにちは。別府優子です。

 

実は今日は私の誕生日。

何回目かは秘密です。(* ´艸`)クスクス

 

毎年9月20日に、大学卒業後に初めて就職した先の院長先生がお花を送ってくださいます。

右も左も分からない新米歯科医の私に、色々なことを教えてくれました。

「一番大切なのは信頼関係。患者さんとも。そしてスタッフとも。」

いつも口癖のようにおっしゃっていました。

 

確かに治療のメインはドクターになりますが、治療の準備やサポートをしてくれるスタッフの存在なしではクリニックは立ち行きません!

今でも、その言葉は心に深く刻まれ、一緒に働いてくれるスタッフには本当に感謝です。

 

素敵な1年になるよう、頑張っていきますね!

 

2022年9月17日

こんばんは。別府優子です。

 

4年前からメインテナンスに通っていらっしゃる80代の男性が、

「関東に住む息子が一緒に住もう、と言ってくれて引っ越すことになりました。」と

最後のメインテナンスを受けに来られました。

 

また、同様に3~4年メインテナンスにお見えになっている80代の女性の方が

「家族に迷惑かけないように、1年半待ちだった老人ホームに入れました。」

と、お話ししてくださいました。

 

みんな等しく年を取ります。

最近は【人生100年時代】といって、100歳までのライフプランをしっかり立てる必要性がでてきました。

平均寿命が60歳だった頃は、60歳まで咬める丈夫な歯があればよかったのですが、

今は100歳まで、自分の歯を守らなければいけません。

 

寿命が延びたからと言って、歯が丈夫になるわけではないので、

自分の歯は自分で守っていく必要があります。

それは、ひいては、自分の健康を維持していることになります。

 

定期検診は、患者さんの健康を守るサポートの機会。

患者さんが健康で過ごして頂けるお手伝いをさせて頂いております。

ぜひぜひ、最後の時まで、美味しく自分の歯でご飯が食べられる

そんな人生を送って頂きたいと思っています。

しばらく、歯科受診をされていらっしゃらない方は、ぜひお越しくださいね。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 39
 
福岡市中央区・べっぷゆうこ歯科・矯正クリニック
・WEB予約はこちら