ブログ|福岡市中央区で歯医者をお探しの方はべっぷゆうこ歯科クリニックまで

  • 福岡市中央区・べっぷゆうこ歯科クリニック・電話
  • 福岡市中央区・べっぷゆうこ歯科クリニック・メニュー

2020年8月25日

こんにちは。別府優子です。

先日、5歳の女の子とこんな会話のやり取りをしました。

「わたし、はやく大人になりたーい」

「どうして大人になりたいの?」

「だって、大人になったらおべんきょうしなくていいんだもん」

「え~!?大人になっても勉強するんだよー!人生、死ぬまで勉強だよー!」

「・・・??」と、無言で首をかしげて、どこかへ行ってしまいました。

子供なりに、【机上の勉強】は大変だと感じているんでしょうね。

確かに、自分の子供時代も「モーーー!勉強やだーー!お母さん、今3次方程式とか使ってるの?いらないよね???」などと、

親に噛みついていました。苦笑。

 

今、大人が学ぶべき科目があるそうです。

①哲学 ②プログラミング ③芸術

正直、私がどれも人生の早い段階で ”苦手分野” として取り扱ってきたものばかり。

今一度チャレンジしようと、一冊の本を読みました。

『13歳からのアート思考』

なぜ、13歳かと言えば、中学1年生になると、図工→美術と科目名が変わり、ここあたりから楽しくなくなってくる、と著者は言っています。

これ、納得ですよね。

 

美術館に行くのは好きで、このあたりだけでなく、海外旅行や留学先でも、美術館や博物館はよく行っていました。

でも、「こんな鑑賞の仕方でいいの?」という疑問は確かにありました。

回答を見つけられずして、現在に至る・・・そんな感じでした。

アートとはあまり縁のない人生を歩んできた、と思っていましたが、実は違っていたんです!

アートは日常にあふれているのです!

 

この本は、最近読んだ本の中で、(期待値が低かったこともありますが)抜群に面白かったです!

中高生~大人まで、どの年代の人も楽しく読める本です。

『アートとは?』と『人生とは?』と自分に問い直したくなる考えさせられる一冊です。

著者は現役の美術の先生で、文章は易しく、一気に読んでしまえます。

これ、絶対に読んだ方がいいです!(押しつけがましい?笑) 本当に面白い!!!

 

もし、読んでくださった方がいらっしゃいましたら、ぜひ感想を語り合いましょう!

2020年8月20日

こんにちは。別府優子です。

猛暑日が続きますね。朝夕は、少し体感温度が下がったように思いますが、日中は息ができないほど暑い!!

屋外で仕事をなさっている方は、熱中症に気を付けて下さいね。

 

そして、屋内で熱中症で亡くなる方は、ほとんどエアコンを使用していない方だとか・・・。

私の母も『THE昭和の人』なので、エアコンはなかなか付けず、「夏は汗を流さなきゃ!」なんて口癖の様に言うので、

「エアコン入れなきゃ死んでしまうよ?」と何度も何度も繰り返し伝えています。

 

そして、暑いのは人間だけじゃないようです。。。

奈良県庁前のシカ公園の様子。

シカだって、暑いよね。。。

動物の本能で、涼しい場所を探し出して涼んでいるのでしょう。

「猫もコタツで丸くなる~♬」の夏バージョンですね。

猛暑の中、何だかほっこりする記事でした。

 

2020年8月12日

 ★ 暑中お見舞い申し上げます ★

2020年8月12日

こんにちは。別府優子です。

通院してくださっている皆様はお気づきでしょうか?  キッズルームを模様替えしました!

 

テーマは『お祭り』です。(火を見るより明らかですが・・・)

今年は各地で、お祭りは全部中止ですね。

夏祭りも花火もりんご飴もかき氷もなし! 本当に悲しい限りです。

私は、毎年母の実家の近くの『長垂の花火大会』を楽しみにしているのですが、それも中止でした。

 

ですので、皆さんに気分だけでも『おまつり』を味わってほしく、今夏のテーマとさせてもらいました。

個人的には、タコのバルーンがお気に入りです!

通りがかりの方は、チラリ見られて、少しでも夏を楽しんでくださいね。

2020年8月8日

こんにちは。別府優子です。

先日、高校時代、仲の良かった友人がクリニックを訪ねてきてくれましたー!

高校を卒業してずいぶん経ちますが、会うとやっぱり女子高生に戻ります(気分が。笑。)

数年ぶりに会う友達も、相変わらず元気で、とても癒されました!

こんな時期なので、『お酒を挟んでの語らい』とはいきませんでしたが、久々の再会に心躍りました。

ありがとう~♥

いつかまた、仲良し5人組で集まりたいですね!

2020年8月4日

こんにちは。別府優子です。

今日はデジタルX線についてお話しします。

 

X線撮影に使用される放射線は、テレビや電子レンジで発生する電磁波の一種と同じものです。

私たちは、普通に生活していても放射線の影響を受けています。

具体的に数字にすると、以下のようになります。

 

医療法に定められた全身の年間最大許容被曝量       50mSv

通常生活における自然放射線などの年間被曝量     2.4mSv

従来の歯科用X線撮影時の被爆量                    0.01mSv

そして、デジタルX線撮影では、従来のX線の1/4~1/10の放射線で撮影が可能です。

元々少ない放射線をさらに少なくしたものが、デジタルX線撮影になります。

 

以前、X線撮影の重要性をお話ししましたが、当院では、できる限りの安全性を考え、撮影を行っております。

また、妊娠中の方など、少しナーバスになりやすい方に関しましては、かかりつけの産婦人科や内科で先生にお尋ねした後で、撮影させていただくなどのご相談も受け付けています。

 

多くの患者さんに、気持ちよく、そして安全に通院していただくため、最大限の努力を行っています。

どうか、分からない点などございましたら、お気軽にご相談くださいね。

2020年7月30日

こんにちは。別府優子です。

当院では、治療をする前に必ずX線撮影を行います。

パノラマX線写真

デンタルX線写真

 

それぞれからたくさんの情報が読み取れます。

パノラマX線写真からは、歯数や補綴物の有無・神経の有無・親知らずの形態などだけでなく、上顎洞・顎関節の形態・骨の中にある炎症や腫瘍なども映ります。

また、デンタルX線写真からは、歯の形態・虫歯の状態・骨欠損の状態・炎症の程度・炎症部位の特定・歯根膜腔の状態などが読み取れます。

 

列挙したものは、読影のほんの一部ですが、レントゲンから分かることは、本当にたくさんあります。

『診断なくして治療なし』私の尊敬する先生から頂いた言葉です。

診断するためには、絶対にレントゲン撮影が必須になります! なかったら、診断できません!!

 

また、撮影したレントゲンは、患者さんのユニットの前に大型のモニターに映して、必ず説明するようにしています。

患者さんも、自分のX線写真に興味をもって聞いてくださる方が多く、正確な診断をお伝えすることの大切さを痛感します。

 

さて、本日はX線撮影の重要性をお話ししましたので、次回は、当院で導入しております【デジタルX線システム】についてお話ししたいと思います。

 

 

2020年7月21日

こんにちは。別府優子です。

 

女性の患者様から『いつもお花がきれいで、とても気持ちがいいです~♥』というお言葉をいただきました。

患者様へのおもてなしのつもりで、院内に生花を置いていますので、その気持ちが届いているようで、とてもうれしかったです。

 

開院したばかりのころは、毎日があわただしく、少しでも手間を省くために、生花を置くことを避けていました。

お花の先生が患者様でいらっしゃるようになって、その影響からか、できるだけ生花を置くようになりました。

 

生花は周りの空気まできれいにしてくれます。

ある時、休み時間にお花を活け直していると、たまたまいらしていた業者さんから

『先生、花を触っている時、優しい顔になってますよ』と言われたことがあります。

(いつもどんな顔してるのでしょう・・・?笑)

知らず知らずのうちに、私たちもお花に癒されているのかもしれませんね。

やっぱり自然の力は素晴らしい!

2020年7月16日

こんにちは。別府優子です。

前回に引き続き、tooth wear の原因(内因性因子)についてお話します。

外因性因子としまして、前回、『酸性度の強い食べ物・飲み物』を上げました。

 

内因性因子とは、『胃酸で歯を溶かしてしまう』ことの原因になります。

誰でも、気分が悪くなったり、胸やけがしたりして、嘔吐することはあります。

ただ、これが日常的に行われれると、pH1~2の胃酸は、歯を溶かしてしまいます。(特に胃液の触れる内側)

『日常的な嘔吐』とは、胃食道逆流性疾患(逆流性食道炎)もしくは 摂食障害(拒食症・過食症など)です。

逆流性食道炎は、日常的に聞かれる症状の一種ですね。

このために、歯が解けてしまっている方は、まず消化器内科で胃食道逆流症を治療することが先決です。

 

また、摂食障害を患っている方は、嘔吐を習慣的にしている可能性が高いです。

こちらは、自ら嘔吐を繰り返しているため、自分で『摂食障害の治療が必要』だと気が付いていないことがほとんどです。

私たちは口の中を診て、患者さんの摂食障害に気が付くことがあるのですが、繊細な内容なので、患者さんの様子を見ながら、話しをするようにしています。

 

どちらとも、歯だけを治療しても、原因が他にある以上、それを治していかなければ、完治とはなりません。

つまり、内因性因子が原因のtooth wearは医科歯科連携の治療が必要となります。

 

2020年7月15日

こんにちは。別府優子です。

当院では、定期的に院内勉強会を行っています。

『患者さん情報の共有』『歯周病治療について』『コミュニケーション方法』など、テーマは様々ですが、どれも、明日からの診療に役立てるためのモノです。

 

今週のテーマは『tooth wear』 日本語で『酸蝕症』

虫歯でなく、酸性の食べ物や飲み物で歯が解けていく、といったものです。

わかりますか? アイスクリームをスプーンですくったような滑らかにえぐれた部分がtooth wear(酸蝕症)です。

これは、生活習慣病の一つです。

以前、tooth wear(酸蝕症)は職業病だといわれていましたが、現在は、飲食物(特に飲み物)が酸性のモノが多く、歯を溶かしてしまっています

エナメル質が溶け出すのがpH5.5といわれていますが、上の図のようにほとんどの飲み物がそれ以下の酸性度です。

少量飲む分には、唾液の緩衝能で中和してくれますが、日常的に『チビチビ・だらだら』飲むと、歯は溶け出してしまいます。

 

スポーツ中のスポーツドリンクも、飲んだ後、運動で口の中がカラカラになり、一層溶解が進みます。

もちろん、熱中症などの関係から、スポーツ飲料は良い面もあると思います。

でも、こうした良くない面もあることを知った上で、日常の中に取り入れていったほしいと思っています。

他にも、『健康のためにお酢を毎日飲んでいる方』『炭酸が大好きな方』などは要注意です!

 

今回は【tooth wear の外因的要素】についてお話ししました。

次回は【tooth wear の内因的要素】についてお話していきます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 15
 
福岡市中央区・べっぷゆうこ歯科クリニック・WEB予約はこちら