ブログ|福岡市中央区で歯医者をお探しの方はべっぷゆうこ歯科・矯正クリニック まで

  • 福岡市中央区・べっぷゆうこ歯科・矯正クリニック
・電話
  • 福岡市中央区・べっぷゆうこ歯科・矯正クリニック
・メニュー

2022年1月29日

こんにちは。別府優子です。

 

先日、とても素敵なプレゼントを頂きました!

 

 

キラキラの【バラ】!!

とってもロマンチックですよね?!

 

プレゼントしてくれたのは、5歳の男の子!

「今日で治療が終わりだから、優子先生に。はい!」といってバラの花をくれました。

 

 

なんてカワイイ王子様~♡

また、いつでも遊びに来てくださいね~

2022年1月25日

こんにちは。別府優子です。

 

1月の院内勉強会を開きました。

今回は、私がテーマを決めました!

タイトルは【コミュニケーション心理学】

私が主幹でやると、いつも学術的なテーマばかりに偏るので、今回は思い切って、ソフト面の「会話力」について学んでみました。

 

 

心理学は、学生時代から興味があり、たくさんの本を読んで過ごしています。

それを日常生活に落とし込んで話をしてみました。

 

「美男美女は容姿を褒められても、大して響かない」

「ネガティブな言葉をポジティブに変換する習慣をつけよう」

「コミュニケーションが上手い人は、相手に話をさせる人」

など、ワークなども挟み、いつもよりワイワイ言いながら、楽しく学びました。

 

いつも思うのですが、カメラを向けると、みんな表情が硬くなります。苦笑。

2022年1月21日

こんにちは。別府優子です。

 

皆さん、『抜歯:歯を抜くこと』について、どんな風にお考えですか?

 

「歯は絶対抜かないで!何が何でも抜かないで!!」

「残せないんだったら、抜いてください」

「抜歯希望(自己判断)です」

など、色々な方がいらっしゃいます。

 

さて、抜歯には基準があります。

上レントゲン写真は歯の根っこが、縦に割れています。

これは、抜歯の基準を満たしています。

 

 

上レントゲン写真は、骨がとけてしまって、歯が浮いています。

これも、抜歯の基準を満たしています。

 

上記2例は、患者さんの同意があれば、迷うことなく抜歯をします。

 

では、このケースはどうでしょう?

 

これは、「抜歯」になる可能性も「保存」になる可能性もあります。

 

そこで、先日のウェビナーで【抜歯の判定に影響する5つの要素】について、話が出たので、紹介いたします。

①歯科医の治療オプションの幅

②患者さんの希望(時間的・経済的制約)

③保険制度

④患者さんのリスクファクター

⑤歯科医の倫理観

 

とても納得した5項目でした。

 

3例目の歯ですが、「治療期間や費用は掛かりますが保存できますよ」と説明しても

患者さんが、「時間がかかることだったら、やらなくていい」と抜歯を希望される可能性もあります。

また、カリエスリスク(虫歯になる危険性)が高い患者さんに、同じ治療ができるかどうかはわかりません。

 

このように、抜歯一つとっても、治療計画は様々。

オーダーメイドなのです!

 

当クリニックでは、患者さんにスタート(現状説明)とゴール(治療の目標)をお話しして、理解していただいてから、治療開始となります。

現状も目的地も分からず進んでは、不安ばかりが募ります。

ご希望がございましたら、カウンセリング室にてご相談をお受けしますので、気軽にお声掛けくださいね。

2022年1月14日

こんにちは。別府優子です。

 

【全国保険医協会】という「保険診療をしている医師や歯科医師が所属している会」があります。

私も所属していますが、定期的に「全国保険医新聞」なるものが送られてきます。

 

 

 

今月号の中に、気になる投稿がありました。

 

『この世界では、女医は得てして軽く扱われがちである。長い診療経験があろうが、大学院で研鑽を積もうが、いくつになっても軽視されるので、居直ることにした。(文頭原文ママ)』

 

このような話は周囲から聞いたことはあります。

四国で開業している女医の友人は、

「『女医はニコニコしているだけで患者さんがくるからいいよねー』って年配の先生から会うたび言われるよ」

と言っていました。

 

確かに、研修会やセミナーなどは、男性の人数が圧倒的に多いです。

一時期は「女人禁制のセミナー」などもあったとか?(噂ですが)

ただ、私自身は、新聞に投稿してしまうくらいの熱量での「女医蔑視」は感じたことがありません。

それはこれまで、とても恵まれた環境の中で仕事ができたおかげだと思います。

 

今や、飛ぶ鳥を落とす勢いの素晴らしい治療をなさる女性ドクターもたくさんいます!

いい仕事をするのに、女性も男性もありません。

でも、改めて、自分の置かれている場所がありがたいものだと気付かされました。

投稿された女医の先生や友人のような思いをする人が、一人でも減っていく世の中になりますように・・・。

2022年1月6日

明けましておめでとうございます。別府優子です。

新年、本日から当クリニックでの診療が始まりました。

 

 

年始はお正月花を花台に飾っています。

 

一年で「松」を飾るのもこの時期くらいかな。

今回の松は【大王松】といって、マツ科の中では一番長い葉をもつため“大王”です。

 

 

皆様、今年も一年、どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

2022年1月1日

2021年12月31日

2021年12月25日

こんにちは。別府優子です。

 

寒さも一段と冬らしくなってきましたね。

今年の冬は寒いのかしら?

昨冬はツルツルになった氷の道路を、よろよろしながら出勤した覚えがあります。

あんまり寒いと、冬眠したくなるのは私だけでしょうか?

 

 

さて、年末の大掃除!

 

 

1年に2~3度しか大掃除しないので、スタッフも張り切ってきれいにしてくれています!

 

日ごろ手が回らない細かいところまでピカピカに!

シンクのカルキも、徹底的に磨き上げてくれています!

本当にありがとう!

 

 

いつもお世話になっている【オゾン水生成器】も、定期メインテナンスをしてもらいました。

 

 

本当に、オゾン水には年中お世話になっています! 感謝!!

 

 

クリニックは、私にとってはもう一つの家。

1年間見守ってくれてありがとう。

キレイにして、新しい年を迎えたいです。

2021年12月23日

こんにちは。別府優子です。

 

今週のお花を更新しました。

 

 

患者さんのお庭でなっていたキンカンを頂きました。

キンカンの木に棘があるのを初めて知りました。

結構痛い・・・。

 

 

花台のお花は、スタッフが渋めに活けてくれました。

お花の好みは色々です。(* ´艸`) ウフフ

2021年12月20日

こんにちは。別府優子です。

先日、「とっても素敵な花器のお店がありました~♬」と患者さんにご紹介頂いたお店に行ってきました。

 

那の川にある、アンティーク花器専門の『Blumo』というお店です。

海外(主にヨーロッパ)から、店長さんの好みで買い付けた、珍しいビンテージの花器がいっぱい!

私も、ついテンションが上がってしまいました~!

 

沢山気に入ったものの中から2つ、今回買ってきました。

 

 

一つはイタリアの1900年代のモノ。

色がとても鮮やかで、ブルーとグリーンのグラデーションがとてもキレイ!

 

 

 

もう一つは、オーストリアの作家さんのモノ。

花器として使うと、すぐ壊れてしまいそうなガラス製です。

この華奢な感じが、美しすぎる・・・。

 

シルクフラワーを乗せて、受付に飾っています。

 

ご興味ある方は、ぜひ行ってみて下さいね!

 

Blumo(ブルーモ)

http://blumo.org/

1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 31
 
福岡市中央区・べっぷゆうこ歯科・矯正クリニック
・WEB予約はこちら